『どの山と比べても良し、比良の山・・・』なんて名?句が思わず飛び出すほど、
琵琶湖の西にひろがる比良山系は魅力ヤマ盛りだ。
シャクナゲの春、万緑の夏、・・・とシーズンごとに楽しめて、
京阪神からのフットワークもよい。大自然の彩りがなんとも美しい。

武奈ガ岳山頂

比良の最高峰である武奈ガ岳は、
標高1214m。展望は360度。
晴れた日は近江平野から木曽岳、白山まで望める。

JR湖西線比良駅から比良の最高峰・武奈ガ岳を目指す。途中は岩場もあるコース。
天候の変化に備えて持ち物の点検と心身のスタンバイをもう一度確認して、さあ、スタートだ。



イブルキのコバ

心地よい沢のせせらぎと、
澄んだ緑の空気でリフレッシュ。

原生林の中を歩けば、イブルキのコバだ。
エコーをかけたような小鳥の声が耳に響く。木々からもらう緑の空気も『うーん、オイシイ!』。
歩くリズムもつかめてきた。ここから約50分、沢を抜けて尾根道を頑張って進む。



武奈ガ岳から西南稜を見下ろせば、
雄大な稜線がはるか彼方まで広がる。

木々の間に武奈ガ岳が姿を見せ始めた。最後のふんばり、岩場を注意深くクリアして、
『やった!頂上だ!』。標高1214mからの雄大な展望に心ひろびろ。
身体に新たなパワーがフツフツ沸いてくる。 さてと、今度は下山ルート。ワサビ峠の展望。中峠から下る樹林。
奥の深谷源流の道は爽やか。八雲ガ原湿原は静かなたたずまいだ。



 志賀観光協会からのお願い
  万が一の事故に備え、登山をされる方は、必ず登山届けを提出してください。滋賀県警察では、
  インターネットや携帯サイトからでも届出を受け付けています。
  インターネットの方はこちらから滋賀県警察のホームページ からインターネット登山箱 へ進んでください。

  携帯電話の方はQRコードを読み取ってください。
           


戻る

ご意見、ご要望はこちらまで